お知らせ
         
        

        

        

        

        

        

        

楠の会だよりNo.203号(2019年5月)記事より

トップ記事
2019年度福岡「楠の会」総会特集

若葉のみずみずしさが目に染みる4月29日、「あすみん」にて福岡「楠の会」2019年度総会が無事終了しました。
参加者27名、今回は全体の集まりですから、日頃お目にかかれない方々との交流があり、大変有意義だったとアンケートにも書かれていました。
当日はプログラムに沿って議事進行しました。
特に最初の<第1議案2018年度事業報告>では、7支部すべてからご出席があり、各地の支部活動についての説明が大変身近に感じられ、皆様方の熱い思いが伝わりました。
各支部それぞれ、年々老いていく不安の中、どうしたら家族が気力を回復し、諦めないで取り組んでいくか工夫されている様子が伺えました。
詳細につきましては会報に同封している総会資料をご覧ください。
また今回資料の中に<福岡「楠の会」の歩み>と、全国的なひきこもり関係の歴史をまとめた<少しずつ進化するひきこもり支援>(大分ステップ松本太郎さん作成)を同封しました。
古い会員さんも少なくなり、新しい会員さん方と入れ替わってきましたので、記録を残すことにしました。
後半の家族交流会では、3グループに分かれて自己紹介を兼ねて一言お話を回しましたが、時間内では話題がつきないようでした。

以下当日出席者の皆さんに承認いただいた今年度の福岡「楠の会」の方針(総会決議)を簡単にご報告します。なお、本ホームページでは報告を簡略化しておりますことをご了承ください。

1.はじめに:司会者Fより開会が宣言され、代表欠席のため代わりにY(事務局)より挨拶
2.議長・書記選出:議長にA、書記にMを選出
3.議案審議
第1号議案 2018年度事業報告:
・福岡支部、東部の会報告、宗像の集い、親父の会、大牟田の会、久留米の集い、筑紫野の集いから所属メンバーが一年間の歩みを報告した。
・その他事業について:Yより、年会費、会員外からの参加、会報発行、ネットワーク構築先などについて議案に基づき報告。
第2号議案 2018年度会計・監査報告:
会計担当より議案に基づき報告。監査報告も監査担当N欠席につき代読。
以上第1号議案と第2号議案について以下の質疑応答ののち拍手多数で承認された。
 Q1 大牟田支部経費ゼロの理由は?
 A1 大牟田の場合基本的に自前で賄っている。(大牟田K)
 Q2 助成金について?
 A2 過去助成金を探し、グリーンコープから6回、
  WAM(独立行政法人福祉医療機構)から4回
  助成金を受けた。
  今後も手続きは大変だが検討余地はある。(Y)
※別途Mさん(元当事者)より、(精神知的身体)障害者の集まりを主催している、自分の経験から、直接ひきこもった本人に話をするのではなく雰囲気を作ることが大切では、との発言があった。
第3号議案 2019年度事業計画案:
次のように説明があり質疑応答ののち拍手多数で承認された。
1)継続事業:事務局より支部活動と会報発行、ネットワーク構築について議案に基づき説明。
2)新規事業案 九州大学ひきこもり家族向けプログラム出前講座:Kより、議案およびチラシに基づき説明。
Q3 今年度四戸先生の講演会は予定しているのか?
A3 要望があれば計画する。(Y)
第4号議案 2019年度予算案:
Kより議案に基づき説明し以下のように質疑応答を経て拍手多数で承認された。
Q4 通信費について会の携帯電話契約の見直しも必要では?
A4 契約の見直しを検討する。(Y)
Q5家族会員の会費負担について個人ごとの会費に変更してはどうか?
A5 継続検討事項とする。(A)
2019年度代表・運営委員選出について:
・代表について、応募の呼びかけにYを推す声が上がるが現代表の留任が了承された。
・議長よりその他運営委員について議場に募ったが応募は無く、久留米Uご夫妻とTの推薦があり現委員の留任とともに了承された。
なお仕事の分担決めについては委員会一任とすることで了承された。
4.新旧運営委員紹介
5.閉会の言葉:以上で総会を終了、司会者Fが閉会の謝辞。
6.引き続き3グループに分かれ家族交流会が開催された。
以上(総会記録 K)


==============================================

<5月の催し物案内>
大牟田:第7回“80・50問題”連続講座
“差別のない希望を持てる福祉の街づくりへ向けて”
~障害・ひきこもり等あらゆる差別問題を考える~
 

日時  : (令和元年)5月26日(日)14:00~16:00
場所  : 大牟田市中央公民館 2階研修室A
      大牟田市原山町13番地3  電話:0944-53-1502
講師  :大牟田障害者協議会事務局長 大場 和正 氏
(講師プロフィール) 大牟田障害者協議会事務局長 大場 和正 氏(元市議)
2歳のときポリオに罹患。重度の障害者となる。
長い施設暮らしを経験し1979年に帰省。
1980年代に入り障害者解放運動を始める。
現在は、人権を基本にした、障害種別や立場を超えて構成され、「誰もが希望を持って生きていけるまちづくり」をめざす大牟田障害者協議会事務局長。


主催 :「80・50問題」学習会実行委員会
    KHJ全国ひきこもり家族連合会福岡「楠の会」
参加費等:無料 参加申し込み不要
連絡先 : 「80・50問題」学習会事務局 
    080-6402-1125(古賀)

==============================================

◎今年もどうぞよろしく  


2019年 4月29日(祝)はみどりの日と言っていましたが、今は昭和の日でしたね。
新しい年度が始まりました。
会より依頼されて、もう何年も「楠の会」の代表をさせていただいておりますが、特に昨年度は人材も揃い、ひきこもりの専門集団として大いに活躍して頂いて本当に頭の下がる思いです。
私は介護事業の経営者としてやっていますが、令和時代となりインドネシア、カンボジア、ベトナムの介護実習生を迎えて、意思疎通に戸惑いながら、大変苦労しております。
残念ながら、楠の会のためには他の委員の方のように動けない自分がいます。
次男の息子にも十分に気がまわらずにいて、責任を感じています。今は80-50問題が、マスコミで賑わっていますが、前にもお話しした従兄弟の場合はそのお母さんが94歳で亡くなり、従兄弟は丁度70歳になり94-70で決着致しました。
従兄弟を「かつき苑」でみようと思っていましたが、本人は今いる精神科の病院でずっと暮らしたいと言っています。
彼が親亡き後も安心して暮らせるようになっていることにほっとしているところです。
             甲木 敏光

==============================================
今月は他にも素晴らしい投稿記事があります。ぜひ「楠の会だより」をご覧ください。
なお、当ホームページに「楠の会だより投稿」のサブページを設置しました。
こちらの方もご利用ください。☞楠の会だより投稿      

==============================================

福岡「楠の会」支部会だより

数ある支部会だよりからいくつかの支部をWEB編集者の独断で選んでいます。他の支部会の状況をご覧になりたい方は、「楠の会だより」をご利用ください。

★ 筑紫野の集い 4月10日(水)14:00~16:00 (カミーリヤ) 参加者7名

3月の「8050問題」のシンポジウムについて話しました。
ある方は、シンポジウムの案内のチラシを幾つかの市役所に持参した時、それぞれの市での「ひきこもり」の担当をしてくれる部署がまだ決まっていないように感じたそうです。
また、シンポジウムの資料だけではなく要約したものもKHJ本部のホームページにあげていただきたいとの意見も出ました。

そのほか、フリートークの中で、 次のお話が印象に残りました。
たまたま訪れた保険会社の人と雑談した後立ち直っていった方の話し。
それについて、「保険会社の方の話を聞く技術はひきこもりを持つ親も見習うところがあるのではないか。」と。
親子の会話では、親は1、子が9の割合で話すのが良いと教わったと話される方もいました。
まず、子供の気持ちを受け止めることが先だと。
また言葉にだして気持ちを子に伝えていくことをこれからやっていきたいという反省の意見も出ました。
今回も、当事者の方が来てくださいました。 (K)

・会場カミーリヤへのご案内 / 西鉄天神大牟田線 桜台駅から徒歩16分、同じく筑紫駅から徒歩20分
巡回福祉バス「カミーリヤ号」またはコミュニティバス「つくし号」をご利用ください。
「カミーリヤ号」 JR原田駅前13:34発 → 西鉄筑紫駅前西口13:43発 →カミーリヤ13:50着 JR山家駅前13:44発 -→ カミーリヤ着 13:50
「つくし号」 JR二日市駅13:23発 -→西鉄朝倉街道駅13:42発 →カミーリヤ13:50着     

★ 久留米の集い 4月26日(金)13:30~16:30 (えーるピア)参加者13名(女性11、男性2)

先月、親の会数名で久留米市社会福祉協議会を訪れ、8050問題にどのような支援があるのか、お聞きしました。
真剣に私達の話を聞いていただき、「社協では色々なボランティア活動の紹介をしているので、会合がある時はお知らせしますので顔を出されては?」と提案をされました。
早速こちらの一人の方が息子さんが何か繋がればと、まず親だけで参加されまして今後も続けていきたいとの事。
その後今回の久留米の集いに社協から女性の方1名がお見えになり、メモを取りながら傾聴され、皆さん方がご自分の気持ちを上手に表現されているのに感心しました。
また大変参考になりましたので又参加させていただきたいとの感想を述べられました。
久留米の会・ひきこもり対応学習会が、ちくご地域ユースサポートネット(仮称)と日時が重なり、第4日曜日に変更するとのことで、こちらも幅広い地域からの参加を期待しているところです。(U)